読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

visual codeをgo言語エディタとして使ってみました

概要

Microsoft Visual Codeがベータ版になり、ソースコードも公開されました。機能拡張(extension)もサポートされ、その中にgo言語のextensionが含まれていたので使って見ました。

Microsoft Visual Codeは、さくさく動作するのでしばらく使って見ようと思います。

インストール

Command+pでパレットを表示します。ここに「go」を入力します。go言語関連のパッケージ一覧が表示されます。パッケージの右下に表示されるダウンロードアイコンをクリックするとインストールされます。アンインストールは×をクリックします。

インストールしたパッケージを有効にするためには、再起動が必要です。

f:id:unokun3:20151121200958p:plain

go言語エディタ

キーワードがハイライトされ、メソッド候補も表示されます。

ここを参考にしてデバッグ機能をインストールしてみましたが、うまく動作していません。

f:id:unokun3:20151121201005p:plain

その他

visual codeで設定ファイル(.vscode)は、プロジェクト(フォルダ)単位に作れます。しばらく気がつきませんでした。

関連資料