MacOSXにMecabインストール

fasttextを試すため、Mac OS X(Sierra)にMecabをインストールした。

pythonのバージョンは3.5.2

$ python --version
Python 3.5.2 :: Anaconda 4.1.1 (x86_64)

手順

mecab-python3をインストール

pip install mecab-python3

mecab+ipadicをインストール

brew install mecab-ipadic

辞書(mecab-ipadic-NEologd)もインストールした。

多数のWeb上の言語資源から得た新語を追加することでカスタマイズした MeCab 用のシステム辞書

ネット上で流行した単語や慣用句やハッシュタグをエントリ化したデータ

実行

$ mecab -d /usr/local/lib/mecab/dic/mecab-ipadic-neologd
ピコ太郎
ピコ太郎    名詞,固有名詞,人名,一般,*,*,ピコ太郎,ピコタロウ,ピコタロー
$ python
Python 3.5.2 |Anaconda 4.1.1 (x86_64)| (default, Jul  2 2016, 17:52:12)
[GCC 4.2.1 Compatible Apple LLVM 4.2 (clang-425.0.28)] on darwin
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>> import MeCab
>>> mecab = MeCab.Tagger()
>>> print(mecab.parse("ピコ太郎"))
ピコ太郎    名詞,固有名詞,人名,一般,*,*,ピコ太郎,ピコタロウ,ピコタロー
EOS

Links

Visual Studio CodeでRubyデバッグを試してみました

Visual Studio CodeによるRubyのデバッグ | Developers.IOを参考にVisual Studio CodeでRubyデバッグを試してみました。ウオッチ式、コールスタックが使えるので十分実用できそうです。

今まで、Rubyデバッグ用にRubyMineを購入していたが、Visual Studio Codeで十分な気がしてきました。 f:id:unokun3:20170717163952p:plain

Java8日付API

WEB+DB vol.97 2017の「Java 8で直感的な日付/時間操作」という記事を参考にJava8日付APIを触ってみました。 Java8のDate and Time APIはJoda-Timeに基づいて作られた新しいAPIです。従来のDataやCalendarよりも簡単に日付操作をすることができます。

農業は太陽(太陽暦)、漁業(航海)は月(太陰暦)に関心があるという観点は始めて。興味深い。

リンク

Xcode8でコメント作成

Xcode8では、option + command + /で関数のコメントのひな形をを作成してくれます。便利。

リンク

UILabelのタップイベントを処理する

UILabelのタップイベントを処理して、ラベルに表示する値をアラートダイアログで入力する方法です。

UIラベルのisUserInteractionEnabledをtrueにして、touchesEndedで処理します。

class ViewController: UIViewController {
    let timerLabelTag = 10
    @IBOutlet weak var timerLabel: UILabel!

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        timerLabel.tag = timerLabelTag
        timerLabel.isUserInteractionEnabled = true
    }

    override func touchesEnded(_ touches: Set<UITouch>, with event: UIEvent?) {
        for touch: UITouch in touches {
            let tag = touch.view!.tag
            if (tag == timerLabelTag) {
                // アラートダイアログで入力する
                let alert = UIAlertController(title: "タイマー時間セットアップ", message: "時間(秒)を入力してください", preferredStyle: .alert)
                let saveAction = UIAlertAction(title: "セット", style: .default) { (action:UIAlertAction!) -> Void in
                    
                    let textField = alert.textFields![0] as UITextField
                    timerLabel = textField.text! 
                    }
                }
                
                let cancelAction = UIAlertAction(title: "キャンセル", style: .default) { (action:UIAlertAction!) -> Void in
                }
                
                // UIAlertControllerにtextFieldを追加
                alert.addTextField { (textField:UITextField!) -> Void in
                }
                
                alert.addAction(saveAction)
                alert.addAction(cancelAction)
                
                present(alert, animated: true, completion: nil)
            }
        }
    }
}

リンク

Excelを使って簡単にINSERT文を作る方法

今参加しているプロジェクトでは、データを挿入してテストすることがあるので、メモしておきます。 やっぱり、一つ一つInsert文を作成するより楽ですね。

リンク

swiftで変数に値が入っているかどうかチェックする

swiftでoptional変数に値が入っている(nilでない)ことをチェックする場合には、以下のようにします。

func isValid(value: String?) -> Bool
    if let _ = 何かの値 {
        return true
    }
    return false
}

_のところに変数にするとXcodeがワーニング(未使用変数)を出すのを回避できます。