読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OpenSource版のswiftファイルをXcodeで開く

概要

apple/swiftによると、 OS X環境だけですが、Xcodeを使ったswiftファイルの編集ができるようです。

Developing Swift in Xcodeの章を参照してください。

以下のコマンドを実行します。 ここで、--skip-buildは、ビルドせず、xcodeのプロジェクトファイルを作成するオプションです。

$ ./swift/utils/build-script -X --skip-build -- --reconfigure
...
-- Build files have been written to: swift/oss/build/Xcode-DebugAssert/swift-macosx-x86_64

buildディレクトリ以下にSwift用のプロジェクトファイル、Swift.xcodeprojが作成されます。

$ ls -l build/Xcode-DebugAssert/swift-macosx-x86_64
total 144
...
-rw-r--r--   1 unokun  staff   3931 12  6 14:53 CPackConfig.cmake
-rw-r--r--   1 unokun  staff   4328 12  6 14:53 CPackSourceConfig.cmake
drwxr-xr-x   5 unokun  staff    170 12  6 14:57 Swift.xcodeproj
drwxr-xr-x   4 unokun  staff    136 12  6 14:53 benchmark
-rw-r--r--   1 unokun  staff   2524 12  6 14:53 cmake_install.cmake
...

Xcodeで開きます。

Swift のソースファイルを Xcode で開けるようにするが参考になりました。

f:id:unokun3:20151206181731p:plain

関連資料