読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホワイトハッカー入門(3)

kali linux

引き続き、Kali Linuxの環境設定を行います。 なかなか肝心な部分に進めません。

ディスクにスペースがあれば、Virtual Boxのクローンを作成すると良いと思います。

  • shの変更
  • ディレクトリを日本語から英語に変更
  • 日本語入力

shの変更

rootのshellが/bin/shだったのでbashに変更しました。

# chsh /bin/bash

ディレクトリを日本語から英語に変更

最初に行うのはディレクトリを日本語から英語に変更します。 作業はターミナル上で行うことが多いですが、その時日本語を入力するのは面倒です。 必要なパッケージをインストールしてから設定します。 確認ダイアログがでますので、Don’t ask againにチェックを入れUpdate Namesを選択します。

# apt-cache search xdg-user-dirs-gtk
# apt-get install xdg-user-dirs-gtk

# LANG=C xdg-user-dirs-gdk-update

日本語入力

日本語入力には、パッケージをインストールした後に、設定を行います。 設定 / Region & Language / 入力ソースで+ボタンを押してAnthyを追加します。 設定ダイアログは、アプリ検索でSettingを入力すると表示されます。 追加した日本語入力を有効に再起動が必要でした。

# apt-get update
# apt-get install uim uim-anthy
#apt-get install ibus-anthy

リンク